★「和賀江島」には、磯の生き物がいっぱい!!

年長さんが、材木座海岸の「和賀江島」に園外保育に行きました。

実は、東日本大震災以降、海への園外保育は自粛してきました。

しかし「鎌倉に住む子供たちですから、「鎌倉の自然」を身近に感じながら成長していく事が、重要なのではないか?」との考えは、ずっと変わらずにいました。

そこで、再度避難経路を確認し、鎌倉市の広域避難所を下見し、そこまでの距離や子供の足でかかる時間などを考え、安全を最大限に配慮し、今回の園外保育を行う事にしました。

初めて磯遊びをする子も多かった様子でしたが、徐々にヤドカリに触れるようになったり、カニを手に乗せてみたりと、生き物と仲良くなる事が出来ました

今後も、安全に最大限配慮しながら、この土地ならではの保育を展開していきたいと思っています。